岩田 裕介
IWATA YUSUKE

岩田 裕介

岩田 裕介
IWATA YUSUKE

生年 1983年(昭和58年)
出身地 埼玉県さいたま市
出身大学 早稲田大学法学部
出身大学院 慶應義塾大学法科大学院
趣味 釣り、ヨット
弁護士登録 2010(平成22)年東京弁護士会登録(新63期)

■ 主たる取扱分野又は得意分野

・企業法務一般(契約書の作成・交渉、企業間取引に関する相談、紛争の処理等)
・民事事件一般(個人間の契約に関するトラブル、損害賠償請求など)
・家事事件一般(離婚事件、子どもをめぐる問題、相続事件等の家庭内で生じる紛争)
・刑事事件(被害者側の代理人もお受けしております。)
・労働事件(使用者側・労働者側ともに扱っております。解雇を巡る問題、賃金請求、就業規則の作成等)
・著作権をめぐる問題
・名誉毀損
・インターネット上での取引や紛争に絡む問題

■ 著作・論文

2010年~ 都内の総合法律事務所に勤務
2015年  渋谷宮益坂法律事務所開設
著作権法学会会員
東京弁護士会法律相談員(一般、労働その他)

■ 経歴

・著作 中央経済社『Q&A 引用・転載の実務と著作権法』第3版(共著)
・セミナー講師
iTAPリーガル講座 「システム開発に絡む法務知識」
JUCCセミナー 「著作権の制限ー特に「引用」についてー」
相続セミナー「相続は突然に」(大東建託三軒茶屋店)など

■ 過去に取り扱った主な訴訟事件

・編集者の懲戒解雇・普通解雇の有効性、パワハラの有無が争われた地位確認等請求訴訟
・残業代請求の労働審判、訴訟事件(使用者側・労働者側とも)
・書籍によりなされた名誉毀損・プライバシー侵害に基づく損害賠償請求訴訟
・システム開発契約の解除に基づく損害賠償請求訴訟
・遺産の事業用不動産の帰属、寄与分の有無が争点となった遺産分割(寄与分)審判事件
・監護者変更、子の引渡しの審判事件(+保全処分)
など、多数。

弁護士 岩田 裕介(いわた ゆうすけ) 1983(昭和58)年 埼玉県熊谷市生まれ、浦和市(現さいたま市)育ち。
私立桐朋学園(中学・高校)に進学。中高時代はラグビー部に所属。
法律と論理を道具に人のために闘うという弁護士を志し、法学部に進学。
大学時代は近江幸治教授のゼミ(民法)に所属し、物権や担保物権の分野を中心に研究した。 法科大学院に進学後、労働法を選択科目としたことをきっかけに労働法分野に興味を持つ。
弁護士登録後は、都内の総合法律事務所に約5年間勤務。 企業法務、企業間の紛争・訴訟のほか、個人を顧客とした訴訟事件、家事事件など、多数の事件を幅広く担当する。 中でも、労働事件(使用者側・労働者側とも)、家事事件(相続、離婚、男女問題など)、名誉毀損や著作権事件などに興味を持ち、数多く扱う。
***
2015年、優秀な事務スタッフとともに事務所を立ち上げ、現在に至る。
***
法律の専門家である以上、法の正当な解釈と理屈の通った解決策の提示を心がけています。 そのために、一つ一つの事案について、考えられるリスクを可能な限り想定し、それを克服するための調査・検討を怠らないことを意識しています。 また、企業・個人にかかわらず市民の傍らに立つ弁護士を目指し、顧客の規模・経済的対価の多寡等に囚われることなく、幅広い案件を扱える力を身につけることを重視しています。

松本 啓
MATSUMOTO KEI

松本 啓

松本 啓
MATSUMOTO KEI

生年 1987(昭和62)年
出身地 福岡県福岡市
出身大学 中央大学法学部
出身大学院 中央大学法科大学院
趣味 サッカー観戦
弁護士登録 2014(平成26)年第一東京弁護士会登録(67期)

■ 主たる取扱分野又は得意分野

・企業法務一般(契約書の作成・交渉、企業間取引に関する相談、紛争の処理等) ・民事事件一般(個人間の契約に関するトラブル、損害賠償請求など) ・交通事故(事故直後から対応可能) ・家事事件一般(離婚事件、子どもをめぐる問題、相続事件等の家庭内で生じる紛争) ・刑事事件(被害者側の代理人もお受けしております。) ・労働事件(使用者側・労働者側ともに扱っております。解雇を巡る問題、賃金請求、就業規則の作成等) ・不動産取引、賃貸借に関する業務 ・情報漏洩をめぐる問題

弁護士 松本 啓(まつもと けい) 1987年(昭和62年) 福岡市で生まれ、山形市、千葉市等各地を転々として育つ。
大学在学中、組織ではなく自分自身の力で社会貢献できればと思い、一般企業の就職活動はせず、弁護士を目指すことを決意。
弁護士登録後、都内の法律事務所に勤務し、主に不動産事件、労働事件、離婚事件等を担当。
2017年10月、砂子弁護士、岩田弁護士の人柄に惹かれ、渋谷宮益坂法律事務所において勤務開始。
***
一つ一つの事案と徹底的に向き合うことを意識し、日々仕事に励んでおります。
これまでの経験から、どれだけ徹底的に事実を調べることができるかが裁判の結果を左右することを学び、調査能力を鍛えてまいりました。
お客様に満足していただける結果の獲得に向けて、精一杯サポートさせていただきます。