弁護士砂子昌利

2015.09.30更新

こんにちは!弁護士の砂子です。

 

エンブレムは新たに、メイン競技場も新たに、って東京五輪間に合うのか!?

心配ですね。渋谷の街も盛り上がりを見せているといないとか。

新競技候補にサーフィンが挙げられていましたが、どうやって競技を行うのか、プールで波の条件を均一にして競うのか、はたまた、海で波はそのときの運次第、運も実力のうち、となるのか、よく分かりませんが、どうなるのでしょう。

 

さて、話は変わりますが、「離婚したい!」と考えてはいるが、するとしても実際どうやってするのがベストなのか、よく分かりません。という方結構いらっしゃるのではないでしょうか。

 

ネット上にはたくさんの情報が流れていますが、何が正しいのかよく分からない

 

ということで、ここでは簡単に離婚の基礎をお話していきます。難しい話は実際に弁護士に聞いた方が早いですからね。おおよそのイメージを掴むことが大切だと思います。

 

では、まず、離婚の方法は何種類あるのかご存知でしょうか?

 

【離婚の種類】

まず、離婚をする場合、日本ではどのような方法で離婚することがでるのでしょうか。

離婚する方法は大きく4つあります。

 

1 協議離婚

 夫婦相互の話し合いによって離婚をする場合をいいます。この場合にはお二人で離婚届けを役所に 提出することになります。この方法がもっとも多いですね。

 

2 調停離婚

 家庭裁判所に対し、離婚調停を申し立てて、話し合いの末、離婚する場合をいいます。

 この場合には、調停調書という書類を裁判所からもらえますので、それをもっていけば、どちらか一方のみで役所へ離婚届を提出することができます。

 

3 裁判離婚

 これは、調停しても話がまとまらない場合に、裁判で白黒はっきりさせて離婚する場合をいいます。判決書が出ますので、この場合にもどちらか一方のみで離婚届を提出することができます。

ただし、訴訟をするには調停をまずしておかなければなりません(調停前置)ので、ご注意ください。

 

4 審判離婚

 調停をしている夫婦が、様々な考え方の相違から調停が成立する可能性が低く、かつ家庭裁判所が自らの判断で、調停にかわる審判により、離婚を成立させることもあるというものです。この審判は、その当事者が審判の告知を受けた日から2週間以内に異議申し立てをしますと審判の効力が失われてしまうため、あまり利用されていない制度です。

 

いずれの方法で離婚を行うにしても、親権者、財産分与、慰謝料、養育費、面会交流についてしっかりと定めておかないと、後々トラブルとなりますので、ご注意ください。

 

どういう方法で、どういう条件で離婚すべきなのか、少しでも迷っているのであれば、一度話をお聞かせください!

 

さて、次回は、それぞれの離婚方法ごとにメリットや実際に行った場合にはどうなるのか、どのように進行するのかなどについてお話していきます。

 

季節の変わり目ですので、みなさま体調管理には注意してください!

 

                       弁護士 砂子 昌利

投稿者: 渋谷宮益坂法律事務所

何か法律に関するお悩み事があれば、まずはお気軽にお電話ください。

お電話で解決するケースもあれば、実際に御来所いただくケースもありますので、まずはお電話でお話ししましょう。

 

TEL 03-6712-5957

何か法律に関するお悩み事があれば、まずはお気軽にお電話ください。

お電話で解決するケースもあれば、実際に御来所いただくケースもありますので、まずはお電話でお話ししましょう。

 

 タップするとかかります。 
弁護士ブログ 報酬規定の参考例 お客様の声 Q&A 最新裁判例紹介