弁護士砂子昌利

企業法務

よくある企業法務の相談ケース

  • 新たな契約書を取り交わすに当たり、その作成やリーガルチェックを依頼したい
  • 売掛金の回収が滞っているので、法的な手続きを踏みたい
  • 不動産などの明け渡しや契約解除を、穏便に進めたい

企業法務に関して弁護士へ依頼するメリット

もっとも大きなメリットは、将来的なトラブルを回避できることです。特に、法務部を独自に持つことが難しい中小企業の場合、喫緊の課題といえるでしょう。
特定の商行為に対し、どのような法的リスクがあり、どのように対応すべきかは、専門家でないと判断が難しい側面があります。
立ち退きなどの不動産問題では、必要に応じて裁判所の判断を仰ぐことも可能です。逆に、事を荒立てたくない場合、平和的な和解に向けた努力も行います。

債権回収

内容証明から強制執行まで、弁護士が責任を持って、直接手がけます。

弁護士が受任したことを通知すれば、内容証明の送付だけで事態が進む場合もありますので、状況に応じて相談しながら手続きを進めていきます。

取引の事実を立証するには契約書が必要になりますが、保管していない場合でも、その実態が分かるような手がかりを集めるところから着手しますのでご安心ください。

契約書の確認・作成

一般に契約書は、提出した側に有利になるよう作成されています。その上、法律用語には難解な言い回しが多く、含まれている真意に気付かないことも考えられるでしょう。依頼者の利益と取引の平等を確保するためにも、専門家のチェックを忘れずに行うようにしてください。

顧問弁護士を持つメリットについて

依頼企業の事案を、いつでも優先的に扱います。企業概要を詳細に把握していますので、一から説明する手間が省け単刀直入に話題に入れることも、大きなメリットです。

 

商行為を進める上で必要なのは、イザとなればなんとかなるではなく、「イザを起こさない」という発想なのではないでしょうか。病気における医療費と同様、予防に力を入れた方が、結果として軽い負担で済ませられることがあります。

 

また、パワハラ・セクハラの相談をはじめとした社員の一般民事も、お気軽にご相談ください。メールやSNSを通じた企業秘密の漏えい、あるいは風評被害などの対策も、慎重かつ万全に行います。

顧問料について

顧問契約を締結した場合、一般的法律相談は原則として無料となります。その他、顧問会社の特性に応じたリーガルサービスを受けることができます。

[基本]

会社又は個人事業主の場合 32,400円~/月
個人の場合  5,400円~/月


[例外]
顧問会社の規模、業務内容、売上、顧問弁護士として行う業務の内容、程度等を考慮して増減があります。

何か法律に関するお悩み事があれば、まずはお気軽にお電話ください。

お電話で解決するケースもあれば、実際に御来所いただくケースもありますので、まずはお電話でお話ししましょう。

 

TEL 03-6712-5957

何か法律に関するお悩み事があれば、まずはお気軽にお電話ください。

お電話で解決するケースもあれば、実際に御来所いただくケースもありますので、まずはお電話でお話ししましょう。

 

 タップするとかかります。 
弁護士ブログ 報酬規定の参考例 お客様の声 Q&A 最新裁判例紹介