弁護士砂子昌利

2014.11.24更新

【 相談編 】

Q1 今の悩みが弁護士に相談すべきことなのかどうかわかりません。

        そのような場合でも相談できるのでしょうか。

A1 もちろん相談できます。

現在抱えている悩み事が法律的に解決可能なのかどうか分からないことが通常です。それが法律的な問題なのかどうかを判断するのも専門家である弁護士の役割ですので、お気軽にご相談ください。当事務所では、無料電話相談も受け付けておりますので、来所相談は気がひけるという方は、まずはお電話ください。

 

Q2  弁護士費用ってすごく高いイメージがあるのでとても不安なのですが・・・。

A2 確かに弁護士費用は安くはないと思います。

だからこそ当事務所では、ご依頼者様が安心して事件を委任できるよう、事前に弁護士費用の無料見積りを行っております。

また、法テラスの利用や分割払いでの対応も行っておりますので、費用についても気兼ねなくご相談ください。

 

Q3  相談に行くときに持参すべき物はありますか?

A3 ご相談にいらっしゃる場合には、現在争いになっていることに関連した書類等(契約書等)をお持ちいただくと相談をスムースに進めることができます。どれが必要な書類なのか分からない場合には、選別することなくすべてお持ちください。

また、すでに裁判になっている場合には、委任状を作成する必要がありますので、ご印鑑(認印)をお持ちください。

 

Q4  相談時間は1回あたりどのくらいなのでしょうか?

A4 目安としては1時間程度です。ただし、事案によってはそれ以上になることもあります。なお、初回の相談料は無料とさせていただいております。

 

Q5  弁護士に事件を依頼した場合、私は裁判に行かなくてよいのですか?

A5 弁護士に委任した場合、基本的にはご本人が出席する必要はありません。もちろん出席することもできます。また、裁判の進行によっては尋問をすることがありますので、その時はご本人にも出席していただきます。

   また、家事調停(離婚等)の場合には、弁護士に依頼したとしても、ご本人にも裁判所にお越しいただく必要があります。

 

Q6  弁護士に依頼した場合、事件の進捗報告はいただけますか?

A6 もちろんです。期日ごとにご報告いたします。また、疑問点等がありましたら、お気軽にお問合せください。

投稿者: 渋谷宮益坂法律事務所

最近のブログ記事

entryの検索

月別ブログ記事一覧

カテゴリ

何か法律に関するお悩み事があれば、まずはお気軽にお電話ください。

お電話で解決するケースもあれば、実際に御来所いただくケースもありますので、まずはお電話でお話ししましょう。

 

TEL 03-6712-5957

何か法律に関するお悩み事があれば、まずはお気軽にお電話ください。

お電話で解決するケースもあれば、実際に御来所いただくケースもありますので、まずはお電話でお話ししましょう。

 

 タップするとかかります。 
弁護士ブログ 報酬規定の参考例 お客様の声 Q&A 最新裁判例紹介